橋・橋梁の建設コンサルタント及び土木構造物の計画・設計・施工管理・健全度調査 ・実験研究及び技術相談:橋・橋梁の建設コンサルタント

新日本技研株式会社
プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ |

新着情報


片持床版の設計法に関する考察


キーワード: RC床版 片持床版 設計法

報 告 者: 榎 裕二 (本社設計支援室)




--------------------------------------------------------------------------------

《 概 要 》

 少数主桁橋は主桁間隔を広げて主桁本数を減らしコスト縮減を図る形式であり、従来の多主桁橋に比べて経済的であるため採用実績が増えつつある。少数主桁橋に用いられる床版は長支間となるため、RC床版ではなくPC床版や合成床版が用いられることが多い。RC床版は、道路橋示方書において床版支間が4m以下、片持版で1.5m以下についての規定が示されているため、少数主桁橋には用いられなくなっている。しかし、RC床版においても拡張された支間について信頼ある解析を行えば、コスト縮減の可能性がより一層広がるものと思われる。そこで、RC床版を長支間に適用する場合の設計法の検討を行った。 
 解析結果から片持部に発生するせん断力は押抜きせん断ではなく、梁のせん断に近い性状を示すため、支間部に比べてせん断耐力が小さくなる。これは張出し長が1.5m以下の短い場合にも言えることである。したがって、現行の道路橋示方書ではせん断応力度の照査は省略してよいことになっているが、曲げモーメントと同様にせん断力に対しても設計を行うべきである。せん断力や1.5m以上の張出し長における曲げモーメントについては道示に設計式が示されていないが、有限要素解析でなくとも片持版の格子解析によって安全側となる結果が比較的よい精度で得られ、有効幅を用いて設計断面力を求める算定式の構築も可能と思われる。 


新日本技研株式会社 橋梁の設計は技術力・信頼と実績のある新日本技研におまかせください。橋梁の建設 コンサルタント
〒105-0014 東京都港区芝2-1-23 TEL:03-3453-4321 FAX:03-3453-4325